ランニングコストを安く!

今後ますます高齢化社会が進み、また、環境問題も重要になるわけで・・・
一人の建築家として、より省エネルギーな住宅を目指したいわけですが・・・

例えば暖房用エネルギーを考えても、電気、ガス、石油(灯油)・・・など、選択肢がありますね。はたして、どのエネルギーのコストパフォーマンスが高いのでしょうか?

まずは、単純に各エネルギーの単位発熱量とコストの関係をチェックしてみると・・・

エネルギー換算表」というモノがあって、これによると
  都市ガス:41.1MJ/m3
  灯油が :36.7MJ/L
  電気が :3.6MJ/kWh となり、分母は違いますが、単位あたりの発熱量がわかります。

各エネルギーの単位料金を(現状の推計値ですが)
  都市ガス:140円/m3
  灯油  :80円/L
  電気  :24円/kWh とすると、それぞれのコストパフォーマンスは

  都市ガス:294KJ/円
  灯油  :459KJ/円
  電気  :150KJ/円 となり・・・

電気:ガス:灯油=約1:2:3となり、灯油は、電気の3倍・ガスの1.5倍、対コストエネルギー効率が良いと言えます。
結構差があることに驚きます。
当然、システムの効率や、イニシャルコスト、将来の価格変動、安定供給・・・モロモロの条件を吟味していかないと、本当の効率は分かりません。
あくまで第三者的意見です。
ボクは決して「反電力派」でも「中東大好人間」でもありませんから<笑>

でも一番は(建築家の中村好文さんが講演で話してたんだけど)
「管を切り離していく家」(太陽光、風力、雨水など工夫利用して、自然エネルギーの住宅で、インフラの接続を絶った家)が、ボクも大好きです。

TOPページへ   ▲画面上へ

Copyright (C)Ta-Factory.