33枚のルーバー

news050820.jpg

マッシブな板金手仕事の箱に、アルミのルーバーを備えました
「小石川の家」です。
アルミのルーバーは33枚あり、「33」に大きな意味はありませんが、なんか「さんさんななびょうしーーよぉーーー」とか縁起も良さそうだし、現場できっちり下端(したば)からそろえて、ピッチをシュミレーションして決めたのです。
きれいでしょ!
機能は、「下から仰ぎ見られるの嫌い...だけれども、中からは町をパノラマで見たい」とい発想と光の演出効果を期待しました。
今日は間に合いませんでしたが、ガラスの内側にバーチカル(縦型)ブライドが付くのですが、そのヨコとタテの人工物により自然の光がどのように、もれるかとても楽しみにしています。
アルミのルーバーはABC商会さんなんかが既成で持っているのですが、結構高価で、今回は既成部材の組み合わせで製作してみました。
全体はヨコ5.6mタテ約5mあり、ルーバーはW160-t6のFBに補強の40-t4アングルを流して、下からボルトナットで縫い、タテ骨は60×120-t2.8の角パイプ...ルーバー及びアングルは1枚4mモノを50枚、ステンビスは約700本使っています。オールアルミのシルバーアルマイトです。とても強固です。
オーナーのTaさんありがとうございます。奥様は設計当初、Taさんと私のノリに心配になっていましたが、足場がばれたときに、その疑いが晴れたのでしょうか、とても喜んで頂きました。お礼を申し上げます...

TOPページへ   ▲画面上へ

Copyright (C)Ta-Factory.