●ABOUT2005年06月 アーカイブ

2005年06月22日

その後の事務所

news0506220001.JPG

昨年10月の引っ越しから早8ヶ月。もう、十分慣れ親しんでいるのですが、せっかく一階なもんだから、地域に根ざそう!アピールしよう!と色々考えていて...最近、動いていることを報告します。
まず、テントを付けました。ウチは小さな30cm角のロゴ看板が壁に貼ってあるだけだったので、訪れる人も「ティーエー工房」ってわかんなくて、目の前を通り過ぎるような状態でした。
テントは色々調べて、伸縮式の中ではシンプルで比較的安いYKK製にしました。色はみんなで話し合って、生成な白に決定。先端のフリルの左右に、「ティーエー工房一級建築士事務所」とホームページアドレスを入れています。(看板代わりです)
テントのサイズは巾が製作限界の関西間2.5間で5m弱、出は1.5mで、結構でかいですよ。
その後、元々のフロントサッシがブロンズで、あまりシャープではないので、シルバーアルミ板を無目(サッシのヨコ桟)や方立(サッシのタテ柱)に貼りつけました。お金を掛けずに全体をシルバーのフロントにしようと試みたのですが、これは思ったより旨くいかないですね...まあまあかな
その後、手作りで、木製(現場の残材)のデッキを作り、防腐保護塗料を塗って、隣に大家さんの自販機があるので「ここで自由に休んで下さい」と椅子を2脚置き、スチールのワゴンを出して、要らない写真集や使えそうなサンプル類を「ご自由にお持ち下さい」と、デッキの上に出すことにしました。
一昨日にワゴンを用意し、「明日は夏至だからあすからだ!」と、わけのわからないことを言って、昨日(夏至)から出しています。
今日までに、杭屋さんからもらった目玉商品のシャーボ(シャープペンとボールペン)と200角のタイル、いくつかのカタログ類が、通りすがりの方々にもらっていただきました。リサイクルありがとうございます。
木製デッキはとても好評で、隣の「モツ焼きはやし」のママさんは、「お客さんが多いときここで待たせて」と笑って言っているし、近所のおじさんは、「なかなかいいねー、さすがだね」とウチを工務店と勘違いしているし、今日近所の子供が、ペンを持っていきたくて悩んでいるようなので、「いいよー」て優しく声を掛けたつもりなのに、逃げちゃったり...とにかく、少しずつ地域に根ざしています???
目標は、「!!松江商店街復興!!」

投稿者: 日時: 2005年06月22日 15:54 |

2005年06月30日

発電器のハナシ

ホンダの発電器を手に入れました。今度建て替えるオーナーから頂いたのです。
現地で、打ち合わせと、持っていく家具などの採寸をしているとき、オーナーから「田村さん、こんなモノ入らない?」って、私のココロをくすぐるお言葉...
「何だろう」って引っぱり出すと、ホンダの発電器!
(これは!)といつもの子供じみた好奇心がわき上がり...「頂きます!」と即答し、そそくさと、車に積み込みました。
打ち合わせを終え、予定通り、次ぎの現場を廻り、打ち合わせが終わる頃...もう、ココロはアノキカイに夢中!
早速、頭に浮かんだ北小岩のオーナーSさんに電話し「今から発電器を持って行くんだけど...」答えは、やっぱり「どうぞどうぞ!」嬉しい限りです。Sさんはキカイにそーとー強い味方で、頼もしい友人なのです。(どーゆう2人でしょう!)

その足でS邸に伺い、2人でニヤニヤしながら、眺め、ボクがホコリを払って、Sさんの助言にしたがって、プルスタートのワイヤーをブルンっと2度3度・・・10数度、回したそのとき!!!ブルーーーンパタパタパタと、息を吹き返したのです!
いやー久しぶりに童心にかえって、ドキドキした嬉しさがこみ上げました。

その後の調べで、なんとそのキカイは少なくとも10年以上ホコリを被ってじっとしており、製造年はこれまたなんと、1969年の様です。本体はグリーンの迷彩色なのですが自衛隊仕様のよう。
いやー日本のキカイはホントすごいですね!世界に誇れるキカイです。

Sさんにお礼を言い、ニヤけて、ウチに持って帰り、子供に見せると、やはり私と同じ顔をしています。「回させて!回させて!」うるさく言い、ボクも笑って回させると、子供には重いのですが、何度か引っ張るうちに...ブッブルルルルーと掛かり大はしゃぎです。その後も2人で掛けては停め、掛けては停め「いいねーいいねー」とにやけておりました。私の構想は広がります。(また、改めて...)
ちなみに女房は、このバカな2人の男を大人の視線で眺めておりました。

投稿者: 日時: 2005年06月30日 15:48 |

Copyright (C)Ta-Factory.